本

スムーズな冊子印刷を実行するための印刷基礎知識を紹介

冊子印刷と綴じる向き

装丁された本を見てみると、印刷されている方向にも向きがあることがわかります。冊子印刷では、この向きをどちら側に設定するかで読みやすさが大きく変わってくるため、よほどのこだわりがない限りは法則に従って印刷した方が無難です。
まず文章の書かれ方から見ていきましょう。文章が本の内側、つまり止められている側から流れてくると、とても読みづらくなってしまいます。しかし、綴じられていない方向から流れてくる文章はスッと頭に入ってくるため、基本的にその文章の流れに合わせて印刷していきましょう。具体的には右から流れる文章なら左綴じを、左から流れてくる文章なら右綴じをすることをおススメします。
また、漫画をイメージしてもらえばわかるかと思いますが、文章を縦に並べている場合は右綴じをおススメします。これもやはり視線の問題で、縦から何かが流れてくるときには右綴じの方が見やすく、またそのように一般化されているため左綴じにすると違和感が生じてしまうのです。
冊子印刷をするのなら、こうした向きに気を付けましょう。冊子印刷初心者の方は、これがよくわからず適当に設定してしまうことも多いのですが、それでは満足のいく冊子印刷にはなりません。

冊子印刷を依頼する際に注目する部分

冊子印刷を依頼する前にどんな部分に注目をしていますか?多くの人は価格やクオリティーに注目をしているはずです。価格に注目をするのは当たり前になりますが、クオリティー以外の部分にも注目をした方が良い部分があります。それは完成までの日にちになります。完成までの日にちが大きく変わる事はないだろうと考えている人もいますが、実は業者によってかなり時間がかかってしまう場合もありますし、想像以上に早く完成する事もあります。翌日に冊子を使わないといけない状況は考えにくいですが、なるべく早く手元に届いた方が安心をする事ができると言う部分はたくさんの人が考えている部分になります。
あまりにも完成までの期間が早いとしっかりと冊子印刷をしてくれたのか不安を感じますが、適当に行ってしまう業者は少ないです。今現在はインターネットでなんでも確認をする事ができる時代になっています。そのため適当に作業を行ってしまうと、インターネット上に書かれてしまい、依頼をしてくれるお客さんが少なくなります。サービスを向上させるとそれだけ評判が高くなる傾向があるので、価格以上にサービスで競いあっています。価格、クオリティーそしてスピードに注目をして依頼をすると、また冊子印刷依頼をしたいと考える業者を見つける事ができます。

冊子印刷は何故時間が掛かる?

冊子を作成し印刷する場合が出てきます。その時に業者に出してもやはり時間が掛かってしまう場合が多くなってきます。何故時間が掛かってしまうのかと言いますと、冊子印刷につきましては通常の印刷とは違ってきますのでそういった観点から時間が掛かってしまうという事になてしまうのです。また、冊子印刷におきましてはほとんどの依頼者によって依頼者より他の人に見せたり、他の人に渡したりする事も多くなってきます。
そんなこともあり冊子印刷につきまっしては通常の印刷をしてしまいますと、せっかく印刷をしたとしましても直ぐにインクが落ちていまい、カラー印刷しても無駄になってしまいますし、他の人に見せた時に関しましても非常に見た目も悪くなってしまいますし、不愉快な思いをさせてしまう場合が多くなってきますので、冊子印刷におきましては、事があってはならないので時間を掛けて印刷をする事になってくるのです。また、印刷時間を掛ける事によってインク落ち等が無くなって、高品質の印刷をする事が可能ともなってくるのです。このような事から冊子印刷を依頼する際には、時間に余裕を持って依頼する事が重要となってきて時間が掛かる事を理解しておく必要があるのです。


冊子を印刷しようとお考えの方におすすめしたいのが、協友さんです!冊子印刷をお得に依頼できるのです!安心の価格で、紙質もよく満足度の高い業者さんです!

article list